【雇用に関しての案件が国の助成金】

助成金は、返済義務がないお金です。

申請してもらえるのであれば、用途は限定されない特性を持っているのですか非常に有益なものとして、経営に寄与してくれるのです。

ですが、助成金は厚生労働省所管の制度であり、雇用に関しての案件のみになっているという事も忘れてはいけません。

そのため、財源も雇用保険から支払われており、雇用保険に加入することが条件となっていることが必要となるのです。

【スペシャリストである社労士】

助成金が労務関係に関して一定の条件を満たした場合受給できるようになっていることから、この申請には社労士である社会保険労務士が最も向いているといえるでしょう。

企業にとっても個人事業者にとっても、社労士は強い味方です。

助成金の申請に関するノウハウや実績も持っており、最も詳しい存在でもあるからです。

 

社労士の場合には、経営と労務の関係のスペシャリストであり、助成金を申請する場合にも得意分野として力を発揮することができます。

料金的には、いろいろな形がありますが、大体の場合には、初期費用と成功報酬になっています。

初期費用として着手金を必要とする場合には、2万円から5万円程度であり、成功報酬として助成金入金時にその金額の10%~15%が一般的です。

成功報酬だけの場合には15%~25%ですので、金額が大きい場合には着手金を支払う形のほうが安く上がることもあります。

 

【多くの書類が必要になる】

社労士に相談する場合には、様々な書類が必要になってきます。

雇用に関する労務書類だけではなく、経営に関する書類も必要となります。

必要なものは指示されることになりますが、こういったものを、印鑑と共に持っていくと、話はスムーズに進みやすくなることも覚えておくといいでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>