【助成金は一体どこに相談するべきか】

助成金を申し込みたいと考えたとき、まずどこに行ったらいいのだろうと思うでしょう。

助成金自体もあまり知られていないということがありますが、それ以上にどんな組織が運営しているのか、知っておかなければ利用することができません。

地域によって国のさまざまな相談窓口が用意されていますので、それらを利用することが一番の近道になります。

その多くは労働局になっていますので、名前を探すことができれば相談をすることができるはずです。

 

【各地の労働局が相談窓口】

助成金は、厚生労働省の管轄になります。

内容的にも労務の関する案件となりますので、労働局になりますが、すべてを扱っているわけではありません。

雇用調整助成金のようなものでも、即場適応訓練費といったものはほかの管轄になっていたりしますし、両立支援助成金は専門の部署が作られていることもあるのです。

さらに、出張所や分署といった場所もあり、こういったところでは一部の案件しか対応できない可能性があります。

相談窓口としては、ハローワークでも受け付けられるものがありますので、いったん相談してみるのも方法だといえるでしょう。

 

【助成金の相談なら社会保険労務士へ】

相談窓口として利用できるのは、確かに労働局ではありますが、民間の社会保険労務士に相談する方法もあります。

ほかの士業でも相談することはできますが、助成金に関して書類の作成をして、提出を代行できるのは社会保険労務士と弁護士だけです。

ほかの士業は、本人に代わり書類を作成することはできず、提出の代行をすることもできません。

社会保険労務士の独占業務でもありますので、なかなか方法が見つからないときなどは、相談してみるのも方法といえるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>